今までの活動報告


平成30年7月28日(土)18:00~20:00

 

『ジュスカ・グランペール 情熱の扉2018』

 

サイエンス・カフェにゲストでお越しいただいたジュスカのお二人、今回は特別に小さいお子さんに向けてミニライブを行っていただけました。感動のあまり泣き出すお子さんもいたほど。小さいときに本物に触れあえるのは幸せなことですね。


平成30年6月25日(土)10:00~12:00

 

『千歳のサケ科魚類』

 

北水研のちゃむさんにお話しいただきました。

ちとせ独自の支笏湖のアママス、大切に守っていかないといけませんね。


平成30年5月3日(祝)18:00~20:00

 

『音楽の未来 昆虫の未来 千歳の未来』

 

皆さま、カゲロウさんと昆虫の競演はいかがでしたでしょうか?インド音楽からコエゾゼミまで本当に濃厚な2時間でした。ありがとうございました!


平成30年4月14日(木)10:00~12:00

 

『リサイクルと微生物』

 

市内でリサイクルに取り組んでいらっしゃるリサイクル・ファクトリーの本村信人さんにお越しいただき、最前線のリサイクルについてお話しいただきました。私達が『ゴミ』と一概に考えてしまうものをいかに生かしていくか?持続可能な社会とはと考えさせられるカフェでした。生活の中で皆さんはどこまでが『ゴミ』でしょうか?


平成30年2月22日(木)18:00~20:00

 

『未来の子ども達のために』

 

今回は『共催』ということもありゲストの方とは初対面、ドキドキでした(*^。^*)いつもはゲストにお呼びする方のお話をお聞きしたうえでゲストに呼ぶか呼ばないかを決めているのでf^^;)実は実行委員がいろんな講演会に出かけているんです。

 

海外でのご自身の体験を『皆さんに伝わるように』わかりやすくお話しいただきました。ありがとうございました。今回参加された方はいろいろな『もの』を持ち帰られたのではないでしょうか?


平成30年2月3日(土)10:00~12:00

 

『野生動物救護講座~はじめのはじめ~』

 

本当にたくさんの方にご参加いただき、主催者として関心の高さにビックリです(@_@)こちらの講座、本当に『初級講座』よりも初級のカフェでしたので是非とも機会があれば本当の救護講座を開催したいと思います。


平成30年1月20日(土)10:00~12:00

 

『LGBTってなに?性的違和を中心に』

 

昨今話題の『LGBT』について、特にT(トランスジェンダー)を中心に池田官司先生にお話しいただきました。会場からは様々な質問や情報が飛び出し、様々な角度から性の多様性について考えることができました。

 

まずはLGBTを公表されている方々をLGBTのいずれかに分けるクイズから。

 

その後、池田先生の専門的なお話になりました。さらに会場の皆さまからの質問に丁寧にお答えいただきました。いろいろな方面の方をつなげるカフェになりました。


平成29年12月16日(土)13:00~16:30

 

『理科工房の理科教室』

 

今年もたくさんの方にご参加いただきました、ありがとうございました。理科というととっつきにくいですが、なぜか理科実験というと好きなんですよね(笑)


平成29年12月2日(土)13:00~16:30

 

『アート・ライブ』

 

今年もたくさんの方にご参加いただきました、ありがとうございました。La Mano Friaのアートを身近に感じていただけたでしょうか?一見強面ですが…とってもまじめで今回お願いしたお題『サイエンス』についていっぱい考えてきてくれたそうです。

 

完成した作品は、ニューサンロード商店街内の博信堂にてご覧いただけます。ぜひとも『テープぺったん』されたみなさま、ご自分のテープが作品のどの部分を探してみてください。こちらの作品は来年度の青少年のための科学の祭典千歳大会のポスターとなります。


平成29年11月19日(土)12:00~

 

『ふしぎヒコーキ』

@青少年のための科学の祭典千歳大会

 

毎年、大人気の『ふしぎヒコーキ』の演示。

さてさて、飯島先生がほかの参加者の方に交じってどこにいるかわからない状態f^^;)

 

12:00前後に行われたシークレット・ワークショップに参加できた方はラッキーでした!

 


平成29年11月18日(土)10:30~12:00

 

『ふしぎヒコーキ』

 

毎年お越しいただいていますが、一度として内容がかぶったことはありません。そして、毎回新しい内容で毎回とっても楽しいのです。

 

今年も参加された皆さんはまったり、ゆったりふしぎな世界を楽しんでいただけたことと思います。

 

 

 


平成29年10月14日(土)10:30~12:00

 

『正しい日本語は間違った日本語である』

 

典大さんのスラッシュ・スライドはいかがでしたでしょうか?日本語は二本語であるという意味はおわかり頂けましたでしょうか?

 

 

 


平成29年9月9日(土)13:30~14:30/18:30~19:30

 

『音を楽しむ!』

 

ジュスカ・グランペールさんのサウンドは皆さんの心に響いたでしょうか?千歳でのライブ前にサイエンス・カフェにお越しになっていただきました。参加された皆様には様々な『音を楽しむ』体験ができたことと思います。

 

 

 


平成29年8月26日(土)10:30~12:30

 

『ブラックホールの雑談その2』

 

アインシュタインのお話を中心にお話ししていただきました。来年のその3ではいよいよブラックホールについてのお話です(笑)

 

 


平成29年7月29日(土)12:00~16:00

 

『ミニ科学の祭典なつ2017』

 

北海道らしい気候の中で今年もミニ科学の祭典なつを開催しました。ニューサンロードの夏祭りと同時開催のため老若男女いろいろな方にいらしていただきました。

 

 

今回のミニ科学の祭典なつ2017のキャラクターはボイスくん。昭和の香り漂うボイスくんですが、それもそのはず商店街のあるお店で過去実際に包装紙のキャラクターとして使用されていたものです。

 

発見されたのを機にラインスタンプとしてよみがえりました。

 

そして、今回特別にミニ科学の祭典のキャラクターとして登場してくれました。


平成29年6月10日(土)13:00~15:00

 

『藻のもっといい話』

 

今回のカフェは場所を千歳水族館学習室に移し開催しました。ゲストは北大総合博物館で藻類を専門に研究されている阿部剛史さん。特別に千歳で採集されたと記録されている藻類の資料もお持ちいただきました。(貴重なんです!)

 

普段意識していない『藻類』が私たちの暮らしに大きくかかわっており、将来的にも大きな可能性を秘めていることをお話しいただきました。

 

写真は質問攻めにされている阿部さん、どんな質問にも丁寧にお答えいただきありがとうございました(*^。^*) 祝梅川の『カワモズク』を見つけてみたいと思います。


平成29年5月20日(土)10:30~12:30

 

『支笏湖ものがたり』

 

今回のカフェは千歳のたから支笏湖についてお話しいただきました。ゲストは支笏湖育ちの若松幹男さん。地球生成のお話からなぜ噴火するのかそして支笏火山から支笏湖が出来上がるまで丁寧に説明していただきました。

 

支笏湖にある樽前山などが大噴火するのは1万年に1度ということ。次の噴火までにあと1000年あるというスケールの大きなお話でした。


平成29年3月4日(土)10:30~12:30

 

『千歳の縄文、厚真の縄文』

 

今回のカフェは出土品を数多く展示していただき、実際に『キラキラ土器』を手に取ってお話をうかがうことができました。

 

そのなかで縄文の人々が広い交易ルートを持っていたことがとってもよくわかりました。この世界に稀なる縄文文化についてもっと知りたくなりました。


平成29年2月4日(土)10:00~15:00

 

『ミニ科学の祭典ふゆ2017』

 

当日のタウンプラザは人・ひと・ヒト

各ブースの皆さんも来場者の方の対応に追われていました。

 

各ブースの皆さま、ご来場者の皆さま、ありがとうございました。


平成28年12月23日(土)10:30~15:00 

 

『アート・ライブ』

 

国内外で活躍するLa Mano  Friaさんをメインゲストに迎え作品を一緒に作り上げていくカフェでした。

 

下の写真でもお分かりになるように作品はフリアさんの手で刻々と変化していきます。フリアさんいわく『水色とピンク』は千歳のイメージカラー。女の人は手伝ってくれたみんなを表しているそうです。

 

フリアさん、よい旅を!

 

東京の渋谷でも個展開くような方ですよ!


平成28年12月23日(土)10:30~12:30

 

『クラシックギターの秘密と魅力part2』

 

クラシックギターの成り立ちや竹形さんがクラシックギターを始めたわけ、一番お高いギターなおいくら?といったことまで参加者の質問にきさくにこたえてくださいました。


平成28年11月6日(土)10:00~12:00

 

『青少年のための科学の祭典千歳大会2016』

 

季節外れの大雪でしたが、たくさんの方にお越しいただけました。ありがとうございました。

 

サイエンス・カフェinちとせとは直接関係ありませんが、『そのほかのこと』でお知らせしておりましたので当日の様子を掲載します。


平成28年11月5日(土)10:00~12:00

 

『ふしぎヒコーキ』

 

2時間みっちりと飛ぶ紙ヒコーキについて実演を交えながら参加者全員で手を動かしつつ学びました。←本当は文章のように堅苦しい内容ではなくとっても楽しいものでした(*^。^*)

 


平成28年10 月29日(土)10:00~12:00

 

『ハクチョウのお話し』

 

勇払原野自然情報センターの村井雅之さんがゲスト。会場にいたした方からの質問を受けて、参加型のカフェでした。会場にいらした方はハクチョウのあんなことや、こんなこと…たくさん学ばれたことともいます。


平成28年9月10日(土)10:30~12:30 

 

『モノがインターネットにつながる社会』

 

モノがインターネットにつながり暮らしが便利になる今話題のIoT(Internet of Things)について科学技術大学の山川先生にお話しいただきました。

 

 


平成28年8月27日(土)10:30~12:30 

 

『相対性理論についての雑談』

 

タイトルは相対性理論についての雑談でしたが…とても雑談とは言えないレベルの高さでした(笑)今までのカフェのなかで一番サイエンスぽかったかもです。

 

                                                                          そして、ぷう吉さん、ギターの腕前も抜群で皆さん                                                                           聞き惚れていました。どうぞまたよろしくお願いい                                                                           たします。

 

平成28年8月27日(土)18:00~20:00 

 

『相対性理論についての雑談(夜の部)』

 

こちらは飲みながら食べながらのサイエンス・カフェ。昼の部とはまた違った雰囲気です。

 

そうか・・・ブラックホールでは携帯電話は圏外になるのですね・・・気を付けないと(笑)

 

 


平成28年7月23日(土)12:00~18:00

 

ミニ科学の祭典2016なつ

 

最高のおまつり日和に恵まれ、たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。怪しい雰囲気の写真は『魔女の館(カラス・ヘビの展示)』でございますぅ~ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。アオダイショウのチョロさんは『ちゃんと』に掲載していただきました。


平成28年6月18日

 

支笏湖のヒメマス~教えて!漁協の白石さん~

 

支笏湖のヒメマスについてお話を伺ったのち、支笏湖のヒメマスと屈斜路湖のヒメマスを食べ比べ。みなさん簡単に『支笏湖のヒメマス』を判別されていました。そのくらい違うのです! 

 


平成28年4月9日

 

子どものやる気を引き出す魔法のしつもん

 

ほめられ上手になること、「質問」と「尋問」のちがい、

夢を実現させるためには周りに伝えることなどすぐにでも実行してみたいことがたくさん!


平成28年3月5日

 

スマホとの正しい付き合い方

 

本当に基本的なところから最近の悪徳手口までたくさん教えていただけました。参加された皆さんも真剣そのもので、ゲストとの丁々発止の質問のやり取りが繰り広げられました。

 


平成28年2月6日~7日

 

ミニ科学の祭典2016ふゆ

 

青少年のための科学の祭典千歳大会はあまりにも来場者が多すぎてゆっくり科学を楽しめないので、そのスピンオフ企画です。恒例の理科工房さんをはじめ、イカの解剖、スライム作りなど盛りだくさんの内容でした。


平成28年1月30日

 

雪は天からの手紙である~雪と氷の科学~

 

今回は北大の低温科学研究所にいらした木滑英司さんがゲストです。

 

当たり前のこととして生活の中にある「雪」ですが、湿度や温度その他の要件など科学的に解説していただくととても奥が深いと気づかされました。


平成28年1月9日~11日

千歳アウトレットモール・レラにて サイエンス・カフェpresents『ふしぎヒコーキ教室』を開催いたしました。これはサイエンス・カフェinちとせとして講師をご紹介したものです。

 

3日とも大盛況!

 

来場者の皆さんは飯島先生の「ふしぎヒコーキワールド」に取り込まれていました。飯島先生の『ふしぎヒコーキ教室』は5月の連休、8月の夏休みにもレラにて開催される予定です。


平成27年12月26日

 

千歳タウンプラザにて サイエンス・カフェ『クラシックギターの秘密と魅力』を開催しました。

ゲストは千歳在住のギタリスト竹形貴之さん。

演奏活動、音楽教室の講師として幅広くご活躍中の竹形さんが、子供時代から今に至るまで様々な経験の中からギターの魅力を語ってくださいました。

時々演奏も織り交ぜながら、ご来場のお客様の質問に丁寧に答えるというスタイルでしたが「暗譜はどうしたらできるか?」「演奏前にあがらないコツは?」「役に立つ練習方法は?」などの質問に「もっとふざけた質問が来ると思って用意してきたんですけど^^;」と竹形サン。やはりプロとして活躍していらっしゃるかたのお話は本当に興味深い。演奏だけでなくお話も面白いんですからさすがですねー。まだまだたくさんお聞きしたいこともありましたが、それはまた次回にとっておきましょう。ということでいずれまた竹形さんのお話を聞くサイエンス・カフェを開催したいと思います!


平成27年12月12日

 

 『江戸時代は究極のエコ社会 江戸の暮らしに学ぶリサイクル』と題して千歳科学技術大学名誉教授石田宏司先生をゲストにお迎えしました。

 

石田先生のわかりやすいお話と豊富な資料で江戸時代の社会には『捨てるものがない』という社会であることがよくわかりました。いつから私たちはこんなにたくさんの『ごみ』を出すようになってしまったのでしょうか?

 

 

当日はお肉屋さんから頂いた大量の背脂から作った『ぶたせっけん』をお肉屋さんでお買い物をした方にプレゼント。ヨーロッパや北アメリカのようなオリーブオイルよりも牛脂や豚脂が手に入りやすいところでは、この豚の脂を使った石鹸がよく作られていました。別名ウインザー石鹸(笑)


平成27年11月28日

 『文字とは~漢字の世界~』

 

書道家の三上禮子さんご夫妻を講師にお迎えしました。普段私たちが意識せずに使っている漢字、その成り立ちから確立に至るまでの過程を甲骨文字の時代にまでさかのぼってお話しいただきました。

 

漢字…深いです!

 

後半は『干支のサルの年賀状を書こう』というワークショップです。実は『サル』という字は雷を文字化したものです。みなさんどんな『サル』が書けましたか?


平成27年11月7日

 『ふしぎヒコーキ』

 

千歳ではおなじみの中標津のふしぎヒコーキインストラクターの飯島実さんがゲストです。

 

おなじみというくらいで毎年何らかの形でお招きしているのですが・・・一度としてネタがかぶったことがありません(驚)日々進化していらっしゃるのです。その不思議さは言葉で言い表すことができません。ぜひとも会場にいらして、体験してください。

 

今回も新ネタをたくさんご披露いただきました。ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。


平成27年10月17日 

 

『ちとせのクマの話』

 

 もう1回というのは以前25年度にもお話しいただいたことがあるからです。ゲストは北海道猟友会千歳支部長でクマ防除隊の隊長・井上正雄さん。

 

やはり、実際にクマを仕留めていらっしゃる方のお話は迫力が違います!今季の千歳市での駆除例をお話しいただきました。

 

サイエンス・カフェ終了後『実は…』と話しかけてこられた方が2名いらっしゃいました。本日のお話の中に登場した『襲われた方々』でした。無事で何よりでした~。みなさんもクマには気を付けましょうね、結構身近にいますよ。 


平成27年9月26日 『私たちの身近にいるコウモリ』

 

自然写真家の中島宏章さんをゲストに迎え、コウモリについてお話しいただきました。中島さんご自身が撮影された素晴らしい写真とともに研究者としてのお話をうかがうことができ参加者一同、コウモリの魅力に魅了されました。

 

後日、結構簡単にコウモリを探し出せると挑戦したのですが…さすがに中島さんのようにはいきませんでした。 


平成27年8月29日 『ちとせのこんちゅうはこんなにすごいぞ~50年後の昆虫と瞬間作曲~』

 

記念すべきサイエンス・カフェinちとせ第1回目は世界的エレクトリック・ベーシストの今沢カゲロウさん(V)o¥o(V)カゲロウさん、昆虫が大好きです(昆虫以外はあまり関心がない?)当日は、昆虫トークと超絶ギターテクニックで会場を酔わしてくれました。夜は実際の昆虫との共演として泉郷のレストラン花茶さんでもスペシャルライブを行ってくださいました。


平成25年年度にもサイエンス・カフェinちとせは開催されていました。(この時は北海道開発協会さんの助成)

 

 

①アフリカゾウ

②セイヨウオオマルハナバチ

③サクラマス

④ クマ

⑤カホン

⑥遺跡

⑦支笏湖

⑧ふしぎヒコーキ

⑨サラブレッド

⑩科学あふれる街

⑪ミニ科学の祭典

⑫樽前山